Home » 作品作り » 選手のキモチを忘れない

選手のキモチを忘れない

大会で審査員を頼まれる事も多い。そんな時大切にしている流儀があります。

“大会に出る選手のキモチを忘れないコト”

shigoto

ボクは引退してはいない。実際に毎年コンテストに応募し続けているのだから、キモチは今でも走り続けているランナーそのもの。100回以上のコンテストに参加していて現役の選手。そんなボクだからこそ出来る審査があると思う。

今年、初めて島根県でひらかれる大会があります。出場者数は10名程度。そこで審査員長をやることになりました。早速、審査員長としての初めの仕事“テーマ作り”をおこないました。

ボクがこの大会の為に決めたテーマとは“ビューティーライフエピソード”。

エピソードとは小説・劇などで本筋の間にはさむ、本筋とは直接関係のない、短くて興味ある話のコトです。このテーマにそって出場選手がイマジネーションをフル活用してステキな作品作りをおこなってくれることを願います。毎日の生活やサロンワークから離れて、自分自身と向き合い、美しいモノに触れて成長するきっかけになれますように。

頑張っている人たちを励ましたい、だからボク自身も頑張らないと。
みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

2年半ぶりに作品作りました

「造形と揺らぎ」をテーマに2年 …