Home » 心構え » 破壊から学ぶ

破壊から学ぶ

モノを大切にするキモチ

「また、壊れたか!」それが僕の正直な感想でした。

ー1996年 6月ーLUNA HAIRオープン時に“サモトラケ島で発掘された勝利の女神ニーケーの彫像のレプリカ”を購入しました。羽ばたく姿がステキだったからです。それが、初めて壊れた日の事を僕は忘れていません。20個ぐらに粉砕してしまっていました。ところが当時のスタッフの反応は意外とあっさりしたもので、全員一致で粗大ゴミと考えていたようでした。そこで教育のために修復する事を提案し、石膏粘土を使って修理しました。全員が直せる事に驚いていたようです。

130902

今回は自転車に乗られたお客さまがこの像を倒してしまいました。3つに壊れたこの像の横で謝られるお客さま。でも、壊れたものは直せばいいのです。お客さまにお怪我が無くてよかったと思うことにしました。

使い捨てる生き方に慣れすぎているのかもしれません。しかし、この定期的に壊れてしまう像によって、直すという事の重要性を自らしめす機会を得ているのかもしれません。

余談ですが、スポーツ用品メーカー「ナイキ」社の社名はこの女神に由来しており、トレードマークのスウォッシュは女神ニーケーの翼をイメージしたものだそうです。ステキな発想ですよね。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

元気で社会を豊かに

経済を勉強すると、お金が循環し …