Home » 心構え » 元気の色が、サロンの色

元気の色が、サロンの色

130912

挨拶はリトマス試験紙

サロンの色はスタッフの色
スタッフの色はココロの色
ココロの色は環境で変わる

環境とはなかまの色
なかまの色は元気の色
「元気の色が、サロンの色」

元気の色をはかるリトマス試験紙は声の出し方です。「おはようございます」の一言だけでもわかります。話すのが苦手だとか、表に出るのが苦手という理由の気持ちのこもっていない「おはようございます」はすぐわかります。

ただし、ここで「やりなさい!」と指導してはダメだと思っています。飛ぶことを覚える雛に飛び方を教える親鳥のように僕が見本を見せます。僕の熱がスタッフにも伝染るんです。しかしもう一つ大切なのは、僕が例えば120度であった場合、伝導する熱はそれより低いんです。100度とか80度とか。彼らより熱いキモチでいるように心がけています。

「元気の色が、サロンの色」

Check Also

批評家にならず、クリエーターになろう。

批評家にならず、クリエーターに …