Home » 心構え » ポジティブに生きる

ポジティブに生きる

前向きな心がボクたちを支えてくれます。

Q-009. 気分が乗らない時の対処法を教えてください。

A.サロンは舞台。

ボクはサロンを舞台だと考えるようにしています。ボクたちはその舞台で演じるプロです。プロはきちんとやり切る事が大切。どんな心境でも演じきる必要があります。気分がのらない時は初心に戻ってお客様の笑顔を見つけるようにしましょう。小さな微笑みでもその笑顔に気付く事が出来たら力をもらえます。

お客様に喜んで頂くのがボクたちの仕事です。熱が伝導するようにボクたちの気分もお客様にうつります。常に心にアツい思いをもってサロンワークにあたってください。

とは書いたものの、なかなかこの通りにはいかない時もあります。そこでアメリカの心理学専門誌「Psychology Today」に取りあげられた、エネルギーを上昇させ、ネガティブな感情を取り除く5つの方法をご紹介しましょう。

131002

【1】カラダを動かす
テンションを上げるための最もダイレクトな方法は、体を動かすことです。歩いたり、ジャンプするなどして、心臓を活発にすれば、テンションも自然と上がってきます。ただしサロン内で飛び跳ねるのはやめましょう。

【2】ポジティブな言葉で自分を応援する
テンションが下がる原因のひとつは「ダメかも…」、「失敗したらどうしよう」などという、ネガティブな思いがめぐることです。「前進あるのみ」、「がんばろう」と自分に語りかけることで、モチベーションと集中力を高めれば、体も次第に活発に動きだします。

【3】前向きなキーワードをつかう
前向きで力強いキーワードを使って、自分のテンションを上げ、ポジティブな思考や感情を高めましょう。こうすると、持っている力をベストに発揮することができます。

【4】ポジティブなボディランゲージをしてみる
自分にポジティブな言葉をかけたり、適切なキーワードが見つからない時は、自分に「ボディランゲージ」で語りかけてみましょう。こぶしを突き上げたり、ももを軽く叩くなどして、自分にカツを入れてみてください。

【5】音楽を聴く
音楽はヒトに生理的、感情的なインパクトを与えます。モチベーションアップに音楽は効果的です。ロックやヒップホップなど、アップテンポな曲を聴くと、エネルギーがみなぎるはずです。

常に前向きな自分でいたいですが、人間だもの、キモチがのらない時もあります。そんな時はぜひ試してみて下さい。

Check Also

批評家にならず、クリエーターになろう。

批評家にならず、クリエーターに …