Home » トレーニング » 自分自身に打ち勝つ

自分自身に打ち勝つ

これまでの人生、嬉しい事も多かったのですが、悔しい思いも沢山してきました。勝負というモノは残酷で、勝者と敗者を同時に生み出します。

ボクたちが戦う相手とは

しかし、ボクたちスタイリストが本当に勝つべき相手は自分自身という事を忘れてはいけません。誰かに勝とうと意識するばかり、本当に大切な自分自身との勝負を忘れがちです。

もしアナタのライバルが1日30分程度の練習しかしていなかったとしましょう。誰かに勝つことばかり考えている人は2時間の練習で満足してしまうかもしれません。なにせ4倍の練習を積んでいるわけですから。でもこのような人は気づかないうちに他のライバルに追い越されてしまうでしょう。

ここで日本記録保持者と世界陸上の出場選手を育て上げた福島大学陸上部監督兼コーチ 川本和久氏の言葉をご紹介します。

「越えるものは自分、勝つべきものは自分。」

自分を乗り越え、勝つために濃い練習をするように意識しましょう。しっかり集中し1時間の効率を上げる。タイムを測る。仕上がりを分析する。しっかり全てを記録する。全ての練習過程で「なんとなく」を出来るだけ排除してみてください。

ともに世界一“お客様の笑顔を引き出せる”スタイリストを目指しましょう。

131004

Check Also

批評家にならず、クリエーターになろう。

批評家にならず、クリエーターに …