Home » ヘアスタイリストというお仕事 » 苦労と成果と充実感

苦労と成果と充実感

Q-010. 神無月さんにとっての仕事とは?

A.まず初めに瀬戸内寂聴さんが仕事について語られた言葉を紹介したいと思います(抜粋)。

『才能は若くして芽吹く』

よく、やりたいことはもう少し後になってからやるという人がいる。でも、持って生まれた才能、その人に備わっている力は、若い内から必ず外に出たがるもの。40歳を過ぎて突然あふれてくるなんてありえない。またその時まで押さえ込んでおくことも難しいものです。だから、好きなことに 一心不乱になる事が大切。

恐れずに好きな仕事を懸命におやりなさい。自分の仕事を愛しぬいて、誇りを持って取り組めば工夫もする、人がやらない知恵も出す。誰かに指示されるとか強制されることより、いい仕事になっていく。そんなふうにしてあなたを引っ張ってくれることが、あなたの仕事なのです。

仕事力って、自分を信じる力ですね。

好きな仕事、やりたい仕事をやり続けていくと、必ず前に立ちはだかる存在はある。それは上司かもしれないけれど、いつか変わる。グズグズ言わずやりぬきなさい。

ボクにとって仕事とは「ガムシャラになれる好きなコト」です。仕事は誰にも強制されません。仕事は自分で選択できます。違うと思ったらいつでも変える事ができます。だからこそ、一度仕事を選んだら、寂聴さんが言うように自分を信じて一心不乱になって取り組んでみてください。

先日、ボクも『ガムシャラ』というテーマで書きましたが、大きな声で言いたいのは「頑張る人はカッコイイ」ということです。自分の好きな事に一心不乱に頑張って、突き進み、夢に生きている人はカッコイイ。

また、どんなダメな自分でも気にかけてくれる人は必ずいます。そのような人の為にも頑張らない人はカッコ悪い。ガムシャラになれず、冷静さを装う人たちに言いたい。「熱くなれなくてどうするの!」

どんなに苦労をしても 成果とは比例しませんが、充実感とは比例します。

131009

仕事とは、そういうものです。

 

Check Also

コミュニケーションのヒント

誰もが本音と建前を持っていて、 …