Home » トレーニング » 近道をいこう。

近道をいこう。

2.83秒で出来るコトを考えてみよう。

shortcut

先日のF1アメリカグランプリではレッドブルのセバスチャン・ベッテルが、ミハエル・シューマッハが2004年に打ち立てた年間最多連勝記録“7勝”を上回る8連勝を達成し、既に決定している年間王者に華を添えました。秒単位の世界で戦うスポーツ。ドライバーだけでなく、ピットスクルーもタイヤ交換に命をかけています。驚くことに2013年のセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの平均ピットストップ時間は2.83秒だそうです。

フロー状態

精力的に集中している精神的な状態を“フロー状態”と呼びます。一部のスポーツ選手はその状態をゾーンと呼んだりもします。完全に集中していながらリラックスもしているという不思議な状態で、何かを楽しんで没頭している時には時間の経過も忘れてしまい、最高のパフォーマンスが発揮できると言われています。

私達ヘアスタイリストはF1ドライバーやピットクルーではありませんが、常に時間に追われていますよね。同時に最高の精度も求められます。フロー状態に入れれば、周りが遅く感じたりもします。しかし状況が変わり、さらに上の技術の人たちと一緒になると、自分のスピードが遅く感じてしまったりもします。

早い人と遅い人の違いは仕事の早さだけでなく、思考の早さもあります。5.1感を働かせながら、先々の展開を考慮して仕事に当たれる人は、回り道することなくゴールに向かうランナーと一緒です。そうなると結果的に仕事のスピードも増すんです。

近道を進むために

誰もが寄り道をせずにまっすぐゴールに向かった方が早いことを知っています。ところが、思考に関しては寄り道をしがちな人もいるのではないでしょうか。

集中するということは、実は近道を歩いている事だったんですね。

遠回りな人生はやめよう。近道をいこう。

 

Check Also

金木犀

夜、窓を開けるとどこからともな …