Home » トレーニング » 先の見えない道

先の見えない道

先の見えない中にいる。まるで霧の中を歩いている状態。行く先も見えず、どこまで歩けば目的地につくかもわからない。そんな中でボクが取るべき行動は体力を温存すること。出来るだけチカラを使わず、最低限のチカラで歩き続ける。

最近、登山をはじめた。天候が良いと目的地がわかり体力配分もできるが、天候が悪いと目標までの距離がわからなくなるためチカラを温存する。ボクでさえもそうなのだから、きっとアナタの部下・仲間・スタッフもそうではないでしょうか。

goal

人間、ゴールが見えた方がいい。

リーダーの大切な仕事は大きなゴールをきちんと決めて、さらに細かい中継地点をメンバーに伝えてあげる事だと思います。ここで大切なのは、中継点設定はきちんと時間(時期)も決めておくことです。当初の予定より遅れていたら、対応策が考えられるでしょう。早まっていたら先々の予定を見直す事もできるでしょう。

そして最も大事なのは、アナタのスタッフたちの不安を払拭してあげることが出来るんです。

目標が不明確なリーダーのもとで働くスタッフは、霧の中を山登りする人たちのように、体力を温存し最大限のパフォーマンスを発揮することはできません。自戒を込めつつ。。。

 

Check Also

“生き方”は“顔”に出る

ある人が面白いことを言っていま …