Home » 人生 » 創る。時間

創る。時間

以前、ベッキーさんの「忙しいとは言わないようにしている。心を亡くすと書くから」という言葉をご紹介しました。
http://kaminazuki.com/blog131204/

プロフェッショナルと呼ばれる人は本当に時間の使い方がうまい。2−3人分の仕事を一人でやってしまえるから彼らはプロと呼ばれるのでしょうね。生きる効率が平凡な人より高い。やはりそれは訓練で得た力なのでしょうね。

時間は作るもの。忙しいと愚痴る人ほどこの作り方が下手です。忙しいと言いながらTVを見ていませんか?移動中の電車で寝ていませんか?遅くまでベットの中でYouTube見ていませんか?そもそもFacebook…これを言うのはやめましょう。(笑)

結局、24時間のなかで数時間でも自由がきく時間があるひとは、忙しいというのは幻想なんです。

今年の4月から企業の定年の年齢が65歳に引き上げられました。とは言え、早期退職制度などを取り入れる企業も増える時代、60歳定年で計算してみましょう。例えばここに30歳の人がいるとします。

―――――――――――
今:30歳
定年:60歳
残り年数:30年間
残り日数:10,950日
残り時間:262,800時間
―――――――――――

多いと思う人もいるでしょう、意外に少ないという人もいるでしょう。今、自分の未来のために使う1時間が本当に無いと思うのなら、目の前にある26万時間の事を思い出してみてください。今、自分の未来のために使う1日が本当に無いと思うなら、目の前にある1万日の事を思い出してみてください。それでも自分のために時間を作れないのでしたら、それは言い訳でしかないとボクは思うんです。

“明日”の自分のためにできること、それは“今の”時間から、きちんと自分を“磨く”時間を創りだすことではないでしょうか。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

time

Check Also

今年も残り少なくなってきました。

12月8日の月曜日。今年もあと …