Home » リーダーの心構え » リーダーの勇気

リーダーの勇気

俺は怒ったり、命令したりはしない。まずスタッフに聞く。「こういうふうに撮りたいんだけど駄目かな?」「このシーンはどうやって撮ればいい?」最終的には自分のやりたいようにやっているのだが、もしかしたらもっといい意見が出るかもしれないから、まず聞くのだ。みんな映画が好きでこの仕事をしているわけだから、意見を求められれば、一所懸命考えて働いてくれる。だから手抜きなんか絶対にしない。スタッフの能力を最大限に引き出すには、これが一番だと思っている。

北野武さんの言葉です。

takeshi

まず、“世界の北野”と呼ばれている彼に意見をするというのは勇気のいる事でしょう。自分の意見なんて通らないと思う人の方が多いかもしれません。しかしそのような自由に意見が出ない現場というのは硬直した現場というもの、たけしさんから歩み寄られているのが素晴らしいですね。

人間には本質的に他人の意見に従いたくないという思いがあるようにボクは思います。多くの人が自分より立場の弱いヒトからの意見に対して、防御の姿勢で聞いてしまっているのではないでしょうか。そして痛いところをついてこられると、潰すという行動に出てしまう人も。これでは健全なチーム作りは出来ません。

部下が意見を出すというのは勇気のいるもの。リーダーたる人たちは、この勇気には勇気でかえすというキモチが必要ではないでしょうか。

 

Check Also

反対意見

あなたはリーダーです。あるトピ …