Home » 仕事とは » 仕事は誰の為?

仕事は誰の為?

shigoto

仕事は誰の為にするのでしょうか。社会人として何年も働いている諸先輩もこの投稿を見られていますので、ちょっとドキドキしますが書いてみようと思います。

よく仕事は自己実現のためにと考えられがちですが、ボク自身は“仕事は他人の為にするもの”と考えています。自分以外の人が満足してくださってお金という対価を受け取る事が出来ると考えています。自己満足の為にお金を払ってくれる人はいませんからね。

そう考えるとお金というものは面白いですよね。利己的になりがちな人間が、他人の事を思いやらないと手に入らないというシステム。なかなか上手く出来ています。

間接的に自己成長にもつながり、自分自身の為とも言えなくもないですが、仕事は他の人のためにやるものなんです。だから辛いとか苦しいとか言ってはいけないと思うんです。

お医者さんは患者さんが完治するために、弁護士さんはクライアントの利益の為に、電車の運転士さんは乗客が遅れないように安全運転で、シェフは美味しい美味しいと言って食べてくれるお客様のために。

誰もが人の為に頑張っているんです。

だから、自分の仕事の悪いところばかり探さず、自分の仕事の良さに胸をはりましょうよ。例え、笑顔で「ありがとう」と言ってくれなくても、お金が支払われているのは、満足の印。仕事はお客様の笑顔の為に。そう思って働きたいと思います。

 

Check Also

コミュニケーションのヒント

誰もが本音と建前を持っていて、 …