Home » 人生 » 最高と最低

最高と最低

5感をフル稼働して、ちょっと未来を予測する。そんな5.1感をボクは大切にしています。何度も触れてきたのでご存知の方も多いと思います。もし読んでみたいという方がいらっしゃったら、文末にあるブログのリンクをクリックして、右下のタグクラウドの中から『5.1感』をクリックしてみてください。

今日はその活用方法のTIPをご紹介しましょう。

5.1感を活用する時、大切なのは極端な二つのケースを想像することです。“最高な展開”と“最悪な展開”を考えていることで、物事が起きた時に焦る事がなくなります。人はその時の気分で予測する未来が異なります。調子の悪い時は悲観的な予測になるでしょうし、調子の良い時はポジティブな予測になるでしょう。

もし、ここに気分屋の占い師がいたらアナタはその言葉を信じることが出来るでしょうか。きっと出来ないでしょう。しかし、他人が自分自身にすり替わった時、人は気分屋の自分の予測を信じてしまうという愚かな行動をとってしまいます。

だからこそ、極端な二つのケースを想像するんです。

saiko

最高の予測と最低な予測の間にある幅は、アナタ自身の予測の振れ幅です。それが最高であれば素晴らしいし、最低であればあるほど“素晴らしい”と言えます。最高の最高にするためにはどうすれば良いかを事前に考えておけるし、最低な状況に陥らないようにする方法を“事前に”考えておくことが出来るからです。

人生というゲームは決してギャンブルではありません。いい時もわるい時も、最善の努力を続けることで、前に進むことが出来ると信じています。

 

Check Also

“生き方”は“顔”に出る

ある人が面白いことを言っていま …