Home » 人生 » 腐らない

腐らない

ストラディヴァリウスというバイオリンの銘器をご存知でしょうか。約300年前に作られたこの銘器は今でも世界中の聴衆を魅了してやみません。300年前に作られた楽器が現代に残り続ける不思議。しかし、これらの楽器も日々使い込まれてこなかったら腐り、朽ち果ててしまうんです。

stradivarius

バイオリンには化学接着剤のようなものは一切使われておらず、今でも使われていません。木は切り落とされた後も呼吸を続けており、形を微妙に変化させながら温度や湿度を柔軟に吸収しているんです。ボンドのような化学接着剤を使うと木が割れてしまうそうです。

では何をつかって接着しているかというと、ニカワといって、動物の皮や骨を煮込んで作られたオーガニックな接着剤が使われています。ヨーロッパの木工では4,000年以上もの歴史があるそうです。ニカワは木の微妙な変化も吸収し、300年もの間、壊れないストラディヴァリウスを支えています。

バイオリンは腐らなければ使い続けることができます。

言い方が逆だったかもしれませんね。

使い続ける事で、腐らないで残り続けます。

武道の道具もそう、ボクたちが使うハサミもそう。作品作りもそうですし、ヒトづくりや自分自身のキャリアもそう。

やり続けていないと鈍る。やり続けていないと腐る。ストラディヴァリウスはそんなコトを教えてくれます。

 

Check Also

まだ8月?もう8月?

夏休みのないはずの大人がお盆休 …