Home » 人生 » 我と下

我と下

ある人が言った素敵な言葉です。

ga

「俺が俺がの我(が)を捨てて、お陰お陰の下(げ)で生きる」

若い時というのは何でも出来ると思いがちです。俺だったら、私だったら出来るはずという思いで突き進む事ができます。

年齢を重ねると、自分の積み重ねてきた経験で判断するようになります。自分で理解出来ないような事は納得いかなくなったりもします。

つまり、何歳になっても人間というものは、我(が)が強い生き物なんですよ。もっと素直に生きたら、自分と違うものの中に多くのヒントがあるかもしれないのに、それを見ないようにしてしまっているんです。

他の人から非難されたり、悪口を言われたり、怒られたり、厳しく指導されたり、、、こういうのって本当に嫌なことですよね。でも、言っているソノヒトも嫌な気分になっているはずなんですよ。

「俺が俺がの我(が)を捨てて、お陰お陰の下(げ)で生きる」

そいう一見、キモチのよくない言葉からも学べたら素敵ですね。

 

Check Also

まだ8月?もう8月?

夏休みのないはずの大人がお盆休 …