Home » 人生 » 慣れる

慣れる

営業マンが電話の向こうにいるクライアントから怒鳴られています。

平謝りする営業マン。

電話を置いたあと、どんな神妙な顔になるのかと思ってみていると、なんと普通の顔でスマホを見だした。ちょっと笑みすら浮かべているくらいなんです。

怒られ慣れること。きっと営業マンにとっては必要なスキルなんでしょう。褒められることも勿論ありますが、やはり怒られる事が多い仕事。一つ一つを重くうけとめていては、きっと心がもたないのでしょう。怒られるという行為にすら慣れるという対抗手段をつくり上げるのは本当に凄いなと感心してしまいました。

仕事を始めると、はじめは分からない事だらけで苦痛な日々の連続ですよね。お辞儀の角度なんかもそうですし、挨拶の仕方もそうです。サロンのなかで普通に起きていることが、新人にとってみると未知の世界。ボクのサロンに入社してくる若い皆さんもきっとそうなんだと思います。

ところが1ヶ月くらいすると状況に慣れてきて、自分らしさを出そうとする人たちも出てきます。人間って本当に凄いなと思います。

怒られるコトにすら慣れてしまえる人、新しい環境に慣れてしまえる人。慣れる為には毎日、そこに身を投じないといけません。逆説的に考えると、ひとつでも苦手な事がある人は、毎日、そのモノやヒト、コトに接してしまえば、慣れてしまえるのかもしれませんよ。苦手意識を何十年持ち続けるよりは、ちょっとした苦労をして慣れてしまったほうが、楽でしょう?

nareru

Check Also

まだ8月?もう8月?

夏休みのないはずの大人がお盆休 …