Home » 人生 » 一流の人を目指す

一流の人を目指す

ichiryu

ふと、一流・二流・三流の人について思いを巡らしてみました。はたしてどんな人達なんだろうかと。

そこで本屋さんで「一流役員が実践している仕事の流儀/安田正」を手にとってみたところ、面白い説明があったのでご紹介しますね。

■会話をする時……
三流は、沈黙の達人。
二流は、しゃべりの達人。
一流は、返しの達人。

■誰かと話している時……
三流は、メモを取らず忘れる。
二流は、相手の言葉を細かく書きとめる。
一流は、自分の考えをメモに取る。

■ビジネスの世界で……
三流は、借りを作っても返さない。
二流は、借りを作ったら必ず返す。
一流は、貸しを作っても忘れる。

というわけで今日からは、人と話をしている時は、自分の考えをメモし、ポイントをついた返しを用意し、貸しを作っても忘れるように生きたいと思います(笑)。

 

Check Also

“生き方”は“顔”に出る

ある人が面白いことを言っていま …