Home » 作品作り » 発信続けること

発信続けること

iPhone6が発売になりましたね。iPhone6Plusについては更に、光学補正のジャイロも搭載されていて手ブレにさらに強くなっています。暗がりでもキレイにとれるようになっていたりと、もはやデジカメ要らずという時代に入ってきました。この誰もが簡単に写真がとれてシェア出来る時代、言い換えると誰でも表現者になれる時代なんです。

知っている方も多いと思いますが、『ムーとたすく』写真で世界を魅了したayasakaiさん。彼女のinstagram(http://instagram.com/ayasakai)を見ていると本当にほっこりしてしてしまいます。フレンチブルドッグのムーさん(オス)の飼い主でもあり、たすく君のママの視点で切り撮られた写真は素晴らしい作品ばかりです。これらの写真は世界的な人気をはくしたため、写真集まで発売されたんですよ。

hokkori

このように写真というのは言葉の要らないコミュニケーション手段のため、簡単に世界を飛び越えて広がってしまいます。また人種や文化が違っても「ほっこりする」という感情は大きく変わらないのかもしれませんね。この「誰かに伝えたくなる感動」というものが今の時代のキーワードであり、流行するものの基本です。ボクたちクリエーターもしっかりその辺りの事を理解しておかなくてはいけませんよね。

instagramのような写真をツールに世界とつながるツールは他にもあって、tumblr(http://tumblr.com)やpinterest(http://pinterest.com)が有名です。ボク自身も作品作りをしてはこれらに投稿しています。もし良かったら探してみてくださいね。

これからの表現者は表現だけに特化するのではなく、いかに表現したものが一人でも多くの人に届けられるために努力すべきだと思うんです。一人でも多くの人に見られるからこそ、いろんな科学変化が生まれ予想もしなかったような変化につながります。

発信続けることは、創り続けることと同じくらい大事なんでしょうね。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

2年半ぶりに作品作りました

「造形と揺らぎ」をテーマに2年 …