Home » 心構え » 工藤公康。

工藤公康。

工藤公康。

身長が176センチ、腕も短く、手も小さい。決して恵まれた体とは言えない彼が47歳まで長い現役を続けられたのはどうしてでしょう?

彼はこう言っています。
・素質を認められて入団してくる選手たちですから、1~2年の短期間、結果を出すことは難しくない。
・それは、その人の「武器」がまだ知られていないから。
・しかしその状態が5年続くことはない。
・20勝した人が永遠に20勝できるとは限らない。
・相手が研究してくる中で、現状維持を続けていたら、今度は負ける。
・「新しいこと」への好奇心を持ち、変化するために実行する必要がある。

その工藤氏が47歳まで現役を続けらた理由にあげた言葉に衝撃を受けました。

『私をはじめ、長く結果を出し続けた多くの人は、「練習量」を変えていませんでした。もし、20代の頃に3時間でできた練習量がこなせなくなってきたなら、5時間、6時間かけてやればいいのです。』『「経験を積めば、“楽”ができる」その発想がプロの世界で長く続けられない理由である。』

非常に含蓄のある言葉だと思います。どうですか?若いころの苦労を思い出すだけで、今、苦労していなければ、10年後の自分は残念な結果になるかもしれません。継続する力の大切さを工藤氏から教えて頂きました。
みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

元気で社会を豊かに

経済を勉強すると、お金が循環し …