Home » トレーニング » 思考の術

思考の術

SHIKOU

深く考えるというのは良いことです。

おそらくこれに関しては反論は少ないと思います。では、どうすれば深く考えられるのか。やみくもにやってもしょうがないので、今日は深く考える為のステップをご紹介しましょう。もちろんこれが唯一の正解ではありません。皆さんがお持ちの深く考える方法がありましたら、ぜひ教えてください。

■ステップ1:例外はあるか?
自分の考えに例外はあるか、またそれがどんな時かを考えてみることは深く考えることにつながります。例外が多い場合はきっともっといいアイデアがあるのでしょうし、例外を把握することで、この場合は除くてきな考えが出来れば思考の精度が格段にあがります。

■ステップ2:あらゆる面からみてみる
凝り固まった考え方しか出来ない人は一方的なモノの見方しか出来ません。当事者の立場から考えてみる。第三者の視点から考えてみると、いろいろな立場から物事をみることが思考を深めてくれるはずです。さらに自分の意見に対する反論も考えてみましょう。反論に対してどのように対応するかを検討するとさらに思考が深まります。

■ステップ3:なぜは大事なキーワード
自分の考えになぜをぶつけてみましょう。なぜそのアイデアがベストなのか?なぜそのアイデアを実行しないといけないのか?それに納得できる答えが出せれば深い思考に至っていると確認することができます。なぜをぶつけることで、自分の思考の深さを測ることができます。

そもそも人間の能力なんて、実はそんな個体差は無いんです。でも、思慮深い行動が出来る人は、こうやってよーく考えてから行動しているんでしょうね。

ボクも気をつけなくては。

Check Also

Smart Drugs

ここに「脳のパフォーマンスを上 …