Home » 人生 » 最強の自分になる

最強の自分になる

guyusei

人生で何が起こるかわからないことを『偶有性』と呼びます。最強の人間がいるとしたらきっと『偶有性』を楽しめる人でしょう。
脳科学者の茂木健一郎さんがこんなコトをおっしゃっています。

「どうしようか」と迷うような状況の偶有性が、脳の学び促します。ドーパミンという報酬物質は、この偶有性によって引き出されるのです。ただし、偶有性を楽しむのに、邪魔になるものがあります。他人と比較した劣等感です。他人と比較した劣等感というのは、人生の偶有性を楽しむ上では、一番邪魔になる。

簡単にそうだな~とか思わないでください。この言葉ってとっても深いんですよ。
100%他人と比較なしで生きるなんて本当に難しいんです。誰かの不幸せを目の当たりにして、自分の幸せを感じてしまったこと、無いですか?この場合、劣等感にはなっていませんが、比較して安堵を覚えている時点で、こんどは素晴らしい境遇の人と比較して劣等感を感じてしまう準備が出来てしまっています。
自分の幸せは自分の価値観で決める。自分の不幸せも自分の価値観で決める。そんなことが出来たら、不幸せな環境になっても、なんとかその環境を変え、不幸せには感じなくなるでしょう。
どんな逆境も楽しめるようになったら、最強の人間に一歩近づいたことになります。難しいですが、まず、今日から試してみませんか?
みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

こんなに素敵な雨の日だよ

「The 4-Hour Wor …