Home » 心構え » 工程管理

工程管理

年明けは常にポジティブな雰囲気に包まれます。きっと今年の目標もしっかりたてられたことでしょう。そこで質問です。

去年の目標は達成しましたか???

もし達成しなかったのでしたら、今日の投稿をぜひお役立てください。

目標をたてることは非常に大事です。目標を何にすべきかについても、いろいろ悩まれた事でしょう。でも目標をたてた後にこそ、もっと大事な仕事がまっているんです。

ヒントは家造りです。

理想の家、そしてどんな住まい方をしたいかを頭に描きます。どんどん具体的なイメージを出していきます。一般的な目標設定というのはこの程度のものなんです。何もはじまっていない。ただ思い描いているだけ。きっと昨年の目標を達成できなかった多くの方は、この先まで進まなかったんでしょう。

家造りの場合、その後、もう少し詳細な設計に入ります。また同時にいくらくらいの負担(費用)がかかるか、また工期がどのくらいかかるかも明確にしていきます。そして全体プランに落とし込み、施工が始まります。

家造りは屋外でやることです。なので天候にも左右されるでしょう。予定していたスケジュール通り進まない事も予想されます。でも大丈夫。事前にしっかり施工スケジュールをたてていたら、どの工程が遅れているから、どこでキャッチアップしないといけないかが明確にわかります。もしかすると雨の多い6月に工期がおくれたら7月は休日返上で頑張らないといけません。

本来、ボクたちの年度目標ってこのように達成すべきものなんです。ちょっと頑張れば手の届くような目標ではつまらないです。頑張って、きちんと成長して、ようやく手にできる目標を掲げるからこそ、1年後、しっかり成長できるんです。そしてきちんと工程管理できているからこそ、ある月に忙しすぎて対応出来なかったとしても、翌月キャッチアップすることができます。工程管理ができていなかったら、なんとなく過ごしてしまいかねません。

常々、ボクは最悪の想定をするように心がけていますが、おそらく年始早々にたてた目標にとって最悪の想定は『達成しない』ことでしょう。そして達成しない要因になりうるのが『きちんと工程管理できていない』ということです。

一年の計は元旦にあり。と言いますが、きちんと工程表作れていますか?年明けは時間的にも余裕がつくれると思います。お茶でも飲みながら、ぜひとも工程表づくりに時間をさいてみましょうか。

工程管理

Check Also

違い

モデルでタレントの栗原類さんが …