Home » » アート?便器?

アート?便器?

1917年。マルセル・デュシャンは男性用の小便器にサインをしただけの物質を『作品』として展覧会に出品した。非常に大きな物議をかもしたわけですが、結局は展示されることになりました。その名は『泉』という作品でした。

art

『サインした』という点がポイントだと思います。これをシルクスクリーンで印刷してしまっていたら、どうでしたでしょうか。明らかに『人の手が加わっている事がわかる=サイン』だったわけですね。
※ちなみにデュシャンとして出品していない為、別人名がついています。

さてデュシャンが作品を発表する前までは、『美術=美しいもの』でした。現在ではいろいろな美の形が存在しますが、近年までは美しいものが美とされていました。

しかし、この『泉』が登場したことによって視点が『美術=解釈=意味』に変わっていきました。

何かを表現する必要も無く、見る人に疑問を提示するだけでもアートになるわけです。つまりデュシャンの作品はアートの前提を根本的に変えるものでした。それ自体がアートだったのかもしれません。

1から2を生むのではなく、0から1を創造したデュシャン。模倣ばかりが増えていく現代の中で、クリエーターを目指すのであれば、こういう発想力が必要なのかもしれません。