Home » 商売 » ウェルカム感を出しましょう

ウェルカム感を出しましょう

ウェルカム感を出しましょう。商売してるのだからウェルカム感は大切です。お客様に対するきちんとしたウェルカム感を理解すること、それが良い接客の第一歩だと思います。

美容院は産業分類的にサービス産業に分類されているのですが、このサービスという言葉が悪い。そもそもサービスの語源はラテン語のServus(召使い)からきています。主従関係がはっきりしていて、サービスを受ける人が主で、ボクたちのような提供者が従となります。対価(=お金)さえ貰うことが出来れば、ご主人様の言いなりになります的な感じがして嫌ですね。

Service

ボクはサービス産業という言葉より、ホスピタリティ産業という言葉の方が好きです。ホスピタリティの語源もHospics(客人等の保護)というラテン語からきました。ホスピタリティの基本は対価ではありません。お客様に対しておもてなし・喜びを与えることに重きをおき、報酬は結果としてついてくるという考え方です。また、お客様との関係にも主従関係はなく、対等な関係です。

サービスはお金で動き、ホスピタリティは信頼関係で動く。

お金で動いていれば価格競争に入り、資本力があり安売り戦略をうてるお店が勝ちます。個人資本のお店は体力的に無理です。ボクたちはまず、サービス産業ではないという理解から始めて、ホスピタリティ産業としての接客を磨いていかないといけませんね。

Check Also

批評家にならず、クリエーターになろう。

批評家にならず、クリエーターに …