Home » 商売 » 夏に秋を考える

夏に秋を考える

夏真っ盛りの天気ですが、すでにファッション業界では秋物が店頭に並んでいます。これには2つの理由があると思います。

fall

一つが少しでも値引きをせずに長めに販売する為。夏に秋物?とならないように季節を感じさせないNew Arrivalという表示などで頑張っている店舗もあります。

そしてもう一つがお客様に覚えておいてもらう為です。同じような例にコンビニの花火もありますね。まだ寒く、売れるの?という時期から店頭に設置する店舗があります。たまたまその店長さんにお話を伺ったところ「欲しい!と思った瞬間に、あそこに売ってた!と記憶にのこっていないと売れないんですよ」とのことでした。なるほどです。理にかなっています。

セールスとは本当に難しいですね。今売りたいものを今説明しても、その人が今必要とは限りません。だったら少しだけ早めにお伝えして、必要性を喚起して欲しいと思って頂く。もちろんこのタイミングが早すぎてもいけません。

巷はもう秋の商戦が密かに始まっていますよ。美容業界のボクたちは何をすべきでしょうか?

Check Also

コミュニケーションのヒント

誰もが本音と建前を持っていて、 …