Home » 人生 » ボク色コーディネート

ボク色コーディネート

インテリアのカラーコーディネートを行う際は一般的に、「ベースカラー」、「メインカラー」、「アクセントカラー」の3つで構成します。ベースカラーは言葉の通り基本になる色で毎日みても飽きない色を選びます。割合としては70%程度です。メインカラーは部屋の雰囲気を决定するキーの色です。割合としては25%を意識します。アクセントカラーは小さな面積で雰囲気を変える役割です。好きな色や柄をいれてもよくて約5%程度を意識します。

img

アクセントカラーは色相環でメインカラーの逆の色(補色)をつかったりもします。同じ面積で隣りあわせるとうるさい印象になってしまう補色関係でも割合さえ合わせられれば調和が生まれるというのが面白いですね。逆にアクセントカラーがないと、インテリアがちょっとさびしくなってしまったりさえします。

というインテリアの雑誌を読んでいた時おもったんです。これって人間関係も一緒だなって。一緒にいて居心地のいい人達に囲まれ、自分にとって主役の人たちと暮らし、時には厳しい指摘もしてくれる自分とは正反対の人も大切にする。このバランスが大事だなって。

自分にとって補色な人は新しい考え方を自分に運んできてくれます。時にはそれが嫌で耳を閉ざしたくなる時もあるわけですが、もしかするとボク色コーディネートをする時に、その厳しい言葉が必要だったりするわけですね。今の考えだけに固執せず、もっと高い視点でみることが出来ると、もっと素直にアクセントカラー的人の言葉も受け入れられるようになるかもしれませんよ。

Check Also

金木犀

夜、窓を開けるとどこからともな …