Home » 人生 » Stephen Hewett-Brown

Stephen Hewett-Brown

2015年12月31日。街中が新年の訪れを待っているニューヨーク・マンハッタンの夜。25歳のステファンはエレベーターの中にいた。あと30分で始まるニューイヤーパーティーに参加するために。

同時刻、エルード・サンチェス(女性)はエレベーターを待っていた。エレベーターが到着し乗り込もうとすると何かがおかしい。急にエレベーターが落下し始めたのだ。

二人は同じエレベーターに乗り合わせていた。

その危機的な状況の中、ステファンは素早く行動し、まだ開いていた扉からサンチェスを押し出した。「ハッピーニューイヤー」という言葉と共に。

おかげでサンチェスは助かった。

サンチェスを助けたステファンは落下するエレベーターと扉に挟まれ、30分後に病院に運ばれたものの、残念ながら命を落とした。

これは今月実際に起きたエレベーター事故の話です。世界中からステファンに対して悲しみと共に賛辞の言葉が寄せられています。

今日は成人式。いろいろな成人の形がニュースを賑わせていますが。成人とは決して20歳になることではありません。成人とは『自分の行動に責任を持つ』ことであり、『利他的な精神を持つ』こと。そして成人である大人は死の瞬間まで常にこの精神を持ち続けなくてはいけません。

成人を迎えた皆さん。おめでとうございます。

すでに成人の皆さん。成人らしく行動できてますか?

rip

Check Also

まだ8月?もう8月?

夏休みのないはずの大人がお盆休 …