Home » トレーニング » 時間の上手な使い方

時間の上手な使い方

time

「忙しい忙しい」が口癖の人がいます。そういう人に限って時間の使い方が下手だったりします。誰もが同じ時間を過ごしていると思いがちですが、実はそれぞれの人が持つ時間は異なっているんです。

それをうまく説明してくれたのが、かのアインシュタイン博士です。

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。
まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。

同じペースで進んでいると思われている時間も、個人の感覚ではここまで極端に長さが変わってしまうということは、時間を上手に使うためには「個人の感覚に頼っていてはダメ」ということなんです。

それでは、時間の上手な使い方のポイントをまとめておきましょう。

・必ず時計の時間を使う。個人の感覚時間は使わない。
・スケジュールをきちんと明確にする
・それぞれのスケジュールの目的を明確にする
・スケジュールを調整して、メリハリをつけ集中力の低下を防ぐ
・全ての目標を達成するために楽しんで工夫する

そして最も大事なことは
・1日のスケジュールを目覚めた瞬間に確認し、どのように過ごすかシミュレーションしてみる。

おためしください。
みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

Smart Drugs

ここに「脳のパフォーマンスを上 …