Home » 顧客満足 » コミュニケーション

コミュニケーション

image

インターネットは顧客との距離を近づけたのでしょうか。

確かにLINEなどを活用してお客様とやりとりをするサロンスタッフが増えたのも事実ですが、ネットなどをみていると、あまりにも頻度が多く煩わしいと感じられるお客様がいらっしゃるようです。

インターネットの存在はお客様との距離を確実に近づけてくれました。しかし、心の距離を近づけられたかどうかという質問に対しては「人による」という答えになってしまうのではないでしょうか。

先日、サロンのWEBサイトに当日の空き情報を掲載する枠を設置していみました。Twitterと連動させたので更新も簡単です。その枠の下には押せば予約窓口に電話をかけられるボタンも設置してもらいました。すると、そこをみたお客様から早速ご予約をいただくようになりました。電話しなくても空き情報が分かるとお客様からの反応も非常に好評です。

お客様が必要だと感じた時に「あそこを見れば情報が得られる」という情報を事前に渡しておき、お客様自身で必要な時に見る。過保護にし過ぎず一定の距離を置く。これもまたお客様とのコミュニケーションの解だなと感じました。

コミュニケーションは人と人との関わりの中に生まれる行為ですから、一つの正しい答えがあるとは思いません。だから難しいし面白いなと思います。

Check Also

真のサービス

株式会社ウナギトラベルはぬいぐ …