Home » 人生 » 火をおこせる人

火をおこせる人

特に若い人には色んな人の意見に触れて欲しい。表面的な考え自体ではなくて、どうしてその考えに至ったかに触れることが大事。言うなれば、考えを学ぶ事よりも、考え方を学ぶ事の方が大切です。

think

なんでもそうです。無人島でひとりぼっちの状態を想像してみてください。火があれば調理が出来ますし、体を温めることができますし、獣から身を守ることもできます。でも、火のおこし方を知らなければ、雷が落ちて木が燃えるのを待つしかありません。

ただ雷を待つ人間でいたいか、火をおこせる人間でいたいか。答えは明白でしょう。

仕事も一緒です。ただ誰かが答えを出してくれるのを待つのか、自分で行動してより良い方向へと変化させるか。そのためには火をおこす知識が必要です。先輩はなぜその考えに至ったのか、上司は、社長は、競合は、テレビに出てくるプロフェッショナルは・・・。彼らが出す結論を知るよりも、その過程をしっかり知る事の方が大事。よく伸びる人は、こういう部分に気がつくものです。

Check Also

まだ8月?もう8月?

夏休みのないはずの大人がお盆休 …