O3

日本に住んでいるとオゾン層が減少している問題を感じにくいかもしれませんが、オゾン層が減少して穴があいてしまっているオーストラリアなどに行くと、皮膚ガンの増加など現実的な問題を感じることができます。外で遊ぶ子供もみんなサングラスをしています。

o3

こんなに科学が進んでいるのだから人工的にオゾン(O3)を作って穴を埋めてしまえばいいのではないかと考えてしまうのですが。実はそうでは無さそうです。人工的に作るよりも今まで通り自然に発生させる方が効率がいいそうなんです。結局、対処療法は効かず問題の根源を無くさないといけないんですね。

ところでどうしてオゾンホールは日本の上にはあかないのでしょうか。そもそもオゾンは太陽の紫外線と地球の空気で作られます。太陽が斜めに当たる極地域より垂直に当たる赤道付近の方がオゾン発生が多くなり、大気の移動とともに地球全体に行き渡りますが、濃度が変わってきます。このオゾンの薄いエリアにオゾンホールが開きやすいんですね。

世界中でオゾンホールの原因になるフロンの排出を抑制した結果、最近の研究ではこのオゾンホールが小さくなってきていることがわかったそうです。非常に朗報です!しかし完全回復までは後何十年もかかります。一度失った自然を回復するのは、本当に大変なことですね。

Check Also

1日の時間を伸ばす方法

24時間/1,440分/86, …