Home » 仕事とは » 好きこそ物の上手なれ

好きこそ物の上手なれ

img

不気味の谷という言葉がニュースに載っていた。

この不気味の谷とはヒューマノイドの姿やしぐさをどんどん人間に似せていく場合、ある程度までは親近感が増すが、人間にかなり近づいたところで急に不気味さや嫌悪感が出てくる。この現象を森政弘・東工大名誉教授らが「不気味の谷」と名付けた。この谷を越えてさらに人間に似てくると、今度は急速に親近感が増すという。

Twitterで発表されたこの「Saya」と名付けられた女の子。CGだよと言われないと全く実写だと思ってしまうくらいの素晴らしいクオリティー。作ったのはフリーランスの夫婦CGユニット”TELYUKA”(テルユカ)のお二人。驚くことにCG技術はお二人とも独学だとのことです。

好きこそ物の上手なれ。やっぱり好きなことをやっている人は強いですね。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

コミュニケーションのヒント

誰もが本音と建前を持っていて、 …