Home » トリビア » CMYKのKって?

CMYKのKって?

cmyk

デザインを少しでも勉強したことがあれば「光の三原色」と「色の三原色」を習うはず。三原色とは割合を変えて混合すれば、すべての色を表すことができる「基本となる三つの色」を指します。なぜ「光」と「色」に分類されるかというと、皆さんが毎日見ている携帯電話やテレビは「光」で作られ、雑誌や本は「色」で作られます。

「光の三原色」とは色のついたライトをイメージすると簡単に理解できる。Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)の3色を組み合わせて作るわけですが、照明を重ねていけばどんどん明るさが増して白に近づく。これとは逆に「色の三原色」とは絵の具をイメージして欲しい。基本となるCyan(緑みの青)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄色)を組み合わせ、色を混ぜていくとどんどん黒っぽい茶色に近づいていく。しかし真っ黒にはならない。そこで印刷などではK(黒)が使われ、CMYKという言い方をするのである。

ところでだ。
Cyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)と英語なのに、どうしてKはクロなのだろう?と思ってしまった。そもそも海外でもクロと呼ぶはずはない。だったらKには別な意味があるはず。Blac(k)のKという人もいるがどうなのだろう。

ここを理解するにはもう少し印刷について理解する必要が出てきます。絵の具で絵を描く場合はパレットで絵の具を混ぜるが、実際にそのように雑誌などを印刷することはできない。オレンジ色を作りたいからといって、色を混ぜて事前に用意するわけにはいかないからだ。ではどうやって印刷するのかというと、Cyan/Magenta/Yellowと版を分けて重ね刷りするわけです。プリントゴッコを想像するとわかりやすいかもしれないがあれと同じ要領で、何度も色を重ねていくのだ。

しかし前述の通り、色の三原色を混ぜても完璧な黒は作れない。そこで画像の輪郭など細部を表現するために用いられた印刷板・Key Plate(キー・プレート)が使われるようになった。このKey Plateの頭文字「K」こそがCMYKの「K」だったのだ。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

花粉症

花粉症の季節ですね。この時期だ …