Home » リーダーの心構え » 織田信長の教え

織田信長の教え

nobunaga

上司としてリーダーとして経営者としてチームメンバーをどう率いるか悩んだ時、大勢の部下を持っていた武将の言葉にヒントをもらう時がある。

『人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

かの有名な織田信長の言葉です。あくまでも太陽的なアプローチ、褒めて伸ばす方法を取っていますが、自分自身が部下だったらかなりドキッとすると思う。何気なく拾った塵にまで上司が気を配っていたとは部下としては手が抜けないから。優秀なリーダーというのはこのように何気ないやりとりで部下の心の中に訴えかけるのでしょうね。もちろん織田信長の最後を見れば完璧なリーダーなどいないということになるのですが。

Check Also

バランス

元プロ野球選手&監督の落合博満 …