Home » 心構え » 挑戦者と批評家

挑戦者と批評家

世の中にはなぜこんなことに挑戦するのか?と思わず言ってしまうようなことに挑戦している人たちが大勢います。あえてここでは個人名はあげませんが、時には命に関わるような挑戦をする人たちもいます。

img

挑戦というのは非常に個人的なものです。他人に迷惑がかかるようなものでなければ、それを本人以外がどうこう言うべきものでもありません。しかし挑戦する人の周りには、必ず批評家が発生します。そして批評家は挑戦者を否定することに情熱を傾けます。

面白いことに大抵の人は「挑戦者」と「批評家」に分類することができます。

挑戦者たちは成功を目指して頑張りますが、「成功」か「失敗」かという結果よりも、その結果を得るに至ったプロセスが大切だと知っています。だからこそ結果が失敗に終わっても諦めません。その失敗から何かを学び次の挑戦に生かすんです。そして成功の確率を上げていき、いつか「成功する日」が訪れることを夢見ながら挑戦し続けるんです。

挑戦者が挑戦し続けている間、批評家は挑戦すらしていません。自ら挑戦している人は他人を批評する時間を無駄に感じるからです。そして批評家は他人を評価することに情熱を傾け続けます。

みなさんが「挑戦者」でも「批評家」でもボクは構わないと思っています。挑戦とは非常に個人的なものですから。しかし他人に時間を割く余裕はボクの人生にはありません。常に「挑戦者」でいたいなと思っています。

Check Also

違い

モデルでタレントの栗原類さんが …