Home » トリビア » スティーブンスピルバーグ

スティーブンスピルバーグ

映画「ハリーポッター」の監督のオファーが来たのに断った映画監督がいたことをご存知ですか?実はあのスティーブンスピルバーグ監督なんです。その理由が非常にかっこよく「ヒットが約束されているから」だったそうです。

作品に異常なまでにこだわりを持つことでも有名なスピルバーグ監督はホロコーストを描いた「シンドラーのリスト」では一切のギャラを手にしなかったことも知られています。自身もユダヤ系アメリカ人だからこそ、そこからお金を得るのは嫌だったんでしょうね。そこまで思いの詰まったシンドラーのリストは1994年のアカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞しています。

そんなスピルバーグ監督の生き方が映し出されている言葉を最後にご紹介しましょう。

I don’t dream at night, I dream all day. I dream for a living.
僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。
by スティーヴン・スピルバーグ

天才映画監督ならではの言葉です。仕事を仕事と捉えず、仕事の延長線上に夢を見る。一度きりの人生そういう働き方をしないと勿体無いですね。

Check Also

1日の時間を伸ばす方法

24時間/1,440分/86, …