Home » 商売 » 少々お待ちください

少々お待ちください

PRESIDENT Onlineで飲食プロデューサーの子安大輔さんが興味深い記事をアップされていました。テーマは飲食業のスタッフが使いがちな間違った敬語表現についてです。

「お待たせしました。刺身の盛り合わせになります」
→『なります』って、別に何かが刺身に変化するわけじゃない

「だし巻き玉子のほう、お持ちしました」
→『ほう』には何の意味があるのか

「お会計はちょうど3000円をお預かりします」
→『お預かり』って返してくれるの?

確かに飲食店だけでなく、接客業全般に使いがちな表現ですよね。記事の中で思わずなるほどと思ってしまったのが「少々お待ちください」という表現でした。子安さん曰く言い回しは丁寧であっても相手に対して「待て」と言っていることにほかならないという指摘です。子安さんのお知り合いの飲食店経営者の方はスタッフに対して「NGワード」として禁止しているそうです。

なるほど。

では代わりにどんな言葉を使った方がいいかにも触れていて「すぐうかがいます」という事でした。日々の業務の中で使いがちな間違った敬語表現。細かい話とせず、きちんとしたいものです。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

真善美

最近「真・善・美」という言葉を …