Home » プロ » 素敵なホスピタリティ

素敵なホスピタリティ

お客様の髪をカットする時は当日だけでなく、翌日ご自身でスタイリングした時に良さがわかるようにスタイリングを心がけています。こういう考えって他の業界でもあるのかな?と考えていたところレストランのシェフにもそういう考えをされる方がいらっしゃるそうですよ。

黙々と食事をするだけにレストランに行く人は少ないですよね。テーブルを一緒に囲む人と会話を楽しみながら料理も楽しむものです。お店の雰囲気によってはお客様が会話に夢中になられて、かなりゆっくりお食事をされる事もあるそうです。そんな時、大切なのは味付け。塩味というのは冷めるときつくなります。温かい時の塩加減のままで冷めてしまうと塩っぱく感じてしまうこともあるほどです。素敵なシェフは冷めても美味しく食べれるような味付けを心がけるそうです。

お客様の歩幅に寄り添って歩める素敵なホスピタリティですよね。

Check Also

早く走れるコツ

目の前のボーリングの玉を効率よ …