Home » 人生 » 朝の月をみて

朝の月をみて

明け方の空に浮かぶ月。この場所からあそこまで行けたら面白いでしょうね。ところで月までは徒歩で10年と267日かかるそうです。もちろん宇宙なので簡単には行けませんが、距離的には10年歩き続ければいける距離だなんて思うと近く感じました。

もちろん10年間にわたって一つのことを続けるのは大変な努力です。それが10年間でも10日間、10時間、10分、10秒でも結局それは1秒1秒の積み重ね。絶え間ない努力を積み上げることで到達できる極み。しかしもし今この1秒をないがしろにしてしまったら、将来後悔するかもしれません。「あの時、こうしておけばよかった」とはよく聞くセリフです。

今があの時なのかもしれません。

Check Also

金木犀

夜、窓を開けるとどこからともな …