Home » リーダーの心構え » ホスピタリティーと経営者

ホスピタリティーと経営者

ホスピタリティー産業とは何なのかということを考えさせられる事件が続いています。そうです。アメリカの航空会社の事件です。この事件は100%会社側の問題であり、乗客の落ち度は0.1%もありません。が、従業員個人の問題かと言われるとそうとは言い切れないなと。

従業員がどのように考え、どのようにサービスを提供するか。結局は経営者の方針次第です。短期的な利益を追い求めることで、ユナイテッド航空やアメリカン航空はブランドイメージを傷つけてしまいました。きっと数年たっても回復することはないでしょう。顧客サービスNo.1という評価まで回復するためには、さらに多くの時間が必要になるでしょう。

“おもてなし”のようなホスピタリティーを金額ベースで評価することはできません。しかし、このような事件があると明らかに会社の売り上げに対しマイナスの影響を与えてしまいます。経営者として常日頃からどのようにスタッフとともに対話していくか。大切だなと考えさせられる事件でした。

Check Also

ゲームのルールを知る

ゲームのルールを知ることが大事 …