Home » 人生 » 波を数える男

波を数える男

都議会選挙や近づく台風で大荒れにあれている7月3日・月曜日です。なんと今日・7月3日は7(な)と3(み)という語呂合わせで波の日なんだそうです。

波と言えばイソップ童話にこんな話がありましたよ。

_________

ある男が浜辺に座って、
波の数を数えていました。

しかし、
途中で数えそこなってしまいます・・・

男が落胆し悲しんでいると、
キツネがやってきて、男に言いました。

「どうして過ぎたことをいつまでも嘆いているの?

今から、ここから、
数えなおせばいいじゃないですか。」

_____from イソップ童話「波を数える男」

“波”をどう読むかによってこの童話の意味が変わります。しかしどう変わるにせよ、結局過去を嘆き、未来に暗い影を落としても何も意味はなく、明るい気持ちで前を向いて生きることが大切なのだとキツネが教えてくれます。

明るい気持ちで生きましょう。

Check Also

傘と気遣い

最近ちょっとしたことでキレる大 …