Home » トリビア » あたり前の中にひそむ驚き

あたり前の中にひそむ驚き

残った時間の短さにあらがうように、セミが大きな声で鳴いていました。ちょうど木の下を通った時、今まで鳴いていたセミが飛び立ちました。そういえばセミが飛び立つ瞬間にセミのおしっこをかけられたという話を思い出し、ふと疑問が湧きました。

“セミも尿を排出するのか?”

子供の頃から普通だと思っていて疑問にも思わなかったことですが、不思議なものです。調べてみるとあれは“尿”でなく“余分な水分”なんだそうです。

セミは樹液から栄養分を得ますが、樹液の大半は水分であるため大量の樹液を吸う必要があるそうです。そうなると体の中に余分な水分が溜まっていきます。重くなりますから飛ぶのにも邪魔です。そこで飛び立つ時に排泄するのだそうです。ある意味“尿”なのですが、人間のように排泄物を尿に混ぜるのではなく、ほぼ水分とのことです。つまりかけられても心配はいらないという事ですね。

日々の生活で当たり前だと思っていることにも、さまざまな驚きが隠れています。子供のような視点で世の中を見ることができたら、私たちはもっと多くのことを学べるのでしょうね。

Check Also

1日の時間を伸ばす方法

24時間/1,440分/86, …