Home » トリビア » フロー状態

フロー状態

ハイパーメディアクリエーターの高城剛さんがインタビューで面白いことを言っていました。

【引用ここから】
高城:ここ10年ほど、情報化社会の反動でエクストリームスポーツ(スピードの速さと危険度の高さを特徴とするスポーツ)が流行っているんだけれども、あれはすごく興奮しているように思うじゃない。アドレナリンがたくさん出て、死を恐れないような。でも、A級選手とB級選手を比べると、A級選手はアドレナリンが出てないんです、全然。

――同じ運動をやっていても。

高城:そう。超A級選手というのは、アドレナリンが出てないんです。これをよくスポーツではゾーンというんですけど、ビジネスシーンではフロー状態って言います。フロー状態は、アドレナリンが落ちてるんですね。例えばチェスや将棋の棋士でも、ビジネスマンでも、興奮してやっていると勝てないわけですよ。だから冷静にしなきゃいけない。
【引用ここまで】

このインタビューにはハッと気づかされました。
上手くいっている時というのはアドレナリンが出て興奮状態に入りやすくなります。そんな時こそ落ち着いて冷静になるべきなのだと。

一流の人というのは目の前のちょっとした浮き沈みで心を踊らせず、長い目で人生の目標に向かい淡々と歩を進められる人なんだなとあらためて気づかされました。

みなさんの一週間がステキに輝きますように。

Check Also

花粉症

花粉症の季節ですね。この時期だ …