Home » 人生 » 金木犀

金木犀

夜、窓を開けるとどこからともなく金木犀(キンモクセイ)の香りがしてきました。秋を感じさせてくれます。金木犀と言えば、可憐で小さなオレンジ色の花が咲きます。この沢山咲く小さな花には理由あるのをご存知でしょうか。

金木犀の木には木ごとに雌株と雄株があります。つまり受粉するためには近くにいる株に花粉を沢山飛ばす必要があります。その為に大きな花ではなく小さな花を咲かせるんです。

ところで、花といえば昔聞いたこんな言葉を思い出しました。

花から始まる
花はない。

一輪の花を咲かせる為には、沢山の時間と努力が必要です。今、花が咲いていなくとも、今日の努力が未来の開花につながるはず。一歩一歩頑張ろうと、金木犀の香りを感じつつ思いました。

今年もあと3ヶ月。

Check Also

人生の問いかけとは

あるお坊さんが檀家さんに向けて …